能楽 と 流浪の民



能楽 のみならず 日本の文化芸能は、そのかなりの部分を

流浪する さすらいの 芸能者達が 創り上げて来ました。

( 明治以前は、芸能者とは 何らかの形で 「神仏の担ひ手」として

表現活動を 為す人々の事でした。)

彼等は 様々な意味で、縄文文化を 継承する人々で在った

と云えるかも 知れません。

( より正確には、 その様な 表現と生き方を、客である 定住する人々も

理解出来、その表現を 歓んだ と云える。)

しかしながら、

能楽師・能面師等も、定住し ある程度 安定した生活を する様に成って、

その 表現力・創造力・応用力を 失って行きました。

そして 明治の 愚かしい 「神仏分離」 以降、「いにしへの夜神楽」 は

どんどんと 民族から 失われて行くのです ..。


... その後(のち) 桂の御祓ひ

白木綿 (しらゆふ) かけて 川浪の

身は浮草の 寄辺 (よるべ) なき 心の水に誘われて

行方も鈴鹿川 八十瀬の波に 濡れ濡れず

伊勢まで 誰か思はむの ..。

 

(謡曲 「野宮」 作者不明)


この続編は また お楽しみに ..。

 

Photographer : SHIGEZAWA


 


All Rights Reserved (c) Masato SHIGEZAWA 1986-2002

http://www.yokagura.com/